未分類

みんな大好きベルマークその5~ベルマークに電話しようそうしよう~

未分類

登場人物

お母さん

前回のお話はこちら。楽ですよ、との甘言にそそのかされてPTAのベルマーク係になった。あまり深く物を考えない。

お父さん

自宅仕事なので家に居た。疑問を感じると即解決しようと動くタイプ。



みんな大好きベルマーク 5話目

集計は捗らず、昼ご飯を食べずに頑張りましたが、

その日のうちにすべての集計が終わりませんでした。

PTA役員の取った対策は、

『今日は解散するが、明日もう一度集まって、集計を行う


と言うものでした。
強い疲労と空腹を抱え、ヨロヨロしながら帰途につきました。

以前少し触れましたが、この小学校は、今までベルマーク運動を数人の同好会レベルで行っており、

PTA活動になったのは今回が初めて。

つまり全員ド素人だったのです。

同好会の手順書に従って行動したものの、

勝手がわからずもたつき、

必要な道具が足りなくなって途中で買い出しに行ったりと

細かなトラブルが相次いだため、その日のうちに終わらせることが出来なかったのです。

同好会メンバーはなぜかいませんでした。



家に帰りつくと、自宅仕事の夫が迎えてくれました。

遅くとも昼ごろには帰ってくると思っていたようです。

私もそう思ってました。


おにぎりをほおばりながら状況説明する私。

夫はそれを聞いていましたが、何か考え込み、PCで検索を始めました。(漫画ではスマホになっています。)

やがて立ち上がり、自宅電話でどこかにかけはじめました。


お母さん
お母さん

どこに電話をするの?

お父さん
お父さん

ベルマーク教育助成財

お母さん
お母さん

はっ、はああああああ⁉ 

続きます

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村


絵日記ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました