かぞくじかん

資源ゴミが作品にクラスチェンジした日

かぞくじかん

登場人物

お母さん

ゴミの回収日を良く忘れてしまう。

りい太(息子)

物を作るときの集中力がすごい。宿題のときの集中力が切れる速さもすごい。



出来れば二度と顔を見たくなかった

子供が

りい太
りい太

図工に使うから!

と資源ゴミを学校へ持って行ってくれたと思っていたら、

巨大な作品になって戻ってきた時の絶望感、あると思います。


絵のような平たい作品ならともかく、

立体作品はかさばるし、

決められた場所で飾っていてもホコリは積もるし、触っていればだんだん壊れていく。

はっきり言って持って帰られると困る代物の代表格です。

我が家では最終的に

非常に出来が良かった物や、受賞した物を除いて

写真や動画に撮ってから夫や、作った子供たち本人が解体して燃えるゴミの日に捨てています。
元は資源ゴミだった物が、作品と言う過程を経て、可燃ごみにクラスチェンジ

ランクダウンと言う言葉が頭に浮かびます。

作品の解体は、私がやらなくてはいけない事は理解しています。

しかし、どうしても手に掛けることが出来ない。

自分で作った物もなかなか壊せないのに、可愛い子供たちが作った物なんてもっと無理です。

そして今日も我が家の作品群は

部屋の一角でうず高く積みあがり、地層のように堆積していくのです。

【東京すくすく】子どもの作品の収納に困ったら「3D保存」 2児の父がアプリ開発中 立体的に、無限に残せる
完成品だけでなく、製作中の動画や製作意図などのコメントも入れられるようにし、保管します。家族など限られた人たちの間で見ることができる仕組みです。アプリの名前は「SHOWCASE」で、2021年1月にベータ版を、6月には正式版をリリ...

2021年6月にリリース予定とのこと。こんなのを待っていた!

…と思っていたらこんな記事を見つけました!
現在開発中のアプリで、

作品を回しながらスマホで撮影して取り込み、3D画像にして、家族みんなで共有することが出来るそうです。

回す時には手ではなく、100均で売っている回転台を利用すると良いとのことです。

将来的にはARに対応し、作品と一緒に記念撮影できるようにしたいとのこと。

ポケモンGOのGOスナップショットみたいな感じでしょうか?

正式リリースが今から楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました