かぞくじかん

【DbD】お父さん鬼になる【殺人鬼】

かぞくじかん

登場人物

お母さん

前回の話はこちら。あまりの下手さに更迭中。

お父さん

前回の初プレイで、無事に他のサバイバーを脱出させたが、自分は死亡した。

りい太

ちょっと飽きてきた。

りい子

今度は無事に脱出してほしいと思っている。



DbDプレイ記 4話目

Dead by Daylight(通称DbD)。

それはサバイバー(生存者)4人と、キラー(殺人者)1人に別れて行われる、ホラー系かくれんぼ&鬼ごっこゲームです。

中身は全員人間。

サバイバー4人はキラーのテリトリーから、協力し合って脱出を目指すのです。

このゲームはCEROレーティングZ
(18才未満者に対して販売したり、頒布したりしないことを前提とする区分)
です。
気づかず子供たちと一緒にプレイしてしまった結果、
子供たちが夜寝ている時にうなされるなどの影響が出ました。ご注意ください。

前回のプレイで他サバイバーを脱出させるも、自身はキラーにやられてしまった夫。

今回こそは生存して脱出をするぞ!と志を新たにしたのですが、

10分たっても20分たってもゲームが始まりません。

後で知ったのですが、このDbDと言うゲームは慢性的にキラー不足だったのです。



DbDはサバイバー4人とキラー1人が集まらないとゲームが始まりません。

そして、圧倒的にサバイバーの方が人気が高いのです。

サバイバー人気として挙げられるのは、

  • 視点が3人称視点で、見やすい。
  • 視界が明るい。
  • 自分が下手でも、他サバイバーが上手だと助け合える。

などがあります。

対してキラーは

  • 視点が1人称視点。
  • 視界が狭い。
  • 操作が難しい。
  • 自分以外誰も助けてくれない。

とにかく自分だよりで、上級者向けなのです。



そんなサバイバーをやりだすと言い出した夫。

大丈夫なのでしょうか。

続きます。



私はSteamで購入しましたが、マウスとキーボードでは操作がし辛いです。ゲーム機のコントローラーをPCに接続するか、

最初からコントローラーのPSかSwitchの方が良いと思います。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました