かぞくじかん

【DbD】反射神経0なのにDbDをやってみた【生存者】

かぞくじかん

登場人物

お母さん

とっさの判断力が求められるゲームは超苦手。今回はなぜか自分でも出来ると思い込んでDbDをプレイ。

お父さん

普段は戦略ゲームの動画を良く見ているが、DbDのプレイ動画も何度か見たことがある。

りい太

ものすごい怖がりだが、DbD上手な人のプレイはあまり怖くない。

りい子

特に怖がりでもないが、お母さんのプレイには恐怖を覚える。



DbDプレイ記 1話目

Dead by Daylight(通称DbD)。

それは生存者(サバイバー)4人と、殺人者(キラー)1人とに別れて行われる、ホラー系かくれんぼ&鬼ごっこゲームです。

このゲームはCEROレーティングZ(18才未満者に対して販売したり、頒布したりしないことを前提とする区分)です。

動画視聴、ゲームプレイ時はその事に気づかず、子供たちと一緒に見てしまいました。)


もちろん中身は全員人間。

サバイバー4人はキラーのテリトリーから、協力し合って脱出を目指すのです。



とある休日の午後の事。

家族そろって居間でゲームの実況動画を見ていました。

実況者の方たちは流石の腕前で、様々なゲームを危なげなくクリアしていきます。

その中にDbDの実況動画がありました。


陰鬱でいかにもおどろおどろしいステージ。

実況者はサバイバーでのゲーム参加で、刃物で襲い掛かってくるキラーから華麗に逃れ、最終的にはゲートを開けて悠々と逃げおおせていました。



最初怖がってソファの陰に隠れていた息子も、

実況者の軽快なトークと、無事に彼が逃亡をしたのを見て、喜んでいました。

娘はキラーが登場した時に一瞬びくっとしていましたが、以降はずっと平静な顔をして見続けていましたが、同じように彼が脱出できた時には喜んでいました。


そこで、私は何を勘違いしたのか、こう思ったのです。

面白そうだし、簡単そうだな!と。


結果は酷い目にあいました。

共同で発電機を回して失敗する私。

どこからか襲い掛かってくるキラーに翻弄される私。

逃げているつもりでキラーに突撃していく私。



娘と息子はしばらく夜になるとうなされていました。

やはりCEROレーティングには意味があるのだな、と思うと同時に、

自分のゲームの腕前を確認してしまう出来事でした。

例によって私はSteamで購入しましたが、マウスとキーボードでは操作がし辛いです。

コントローラーの方がやりやすいです。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました