かぞくじかん

小学生、全く先に進めない

かぞくじかん

登場人物

お母さん

ほぼ毎日子供たちの見送りをする。寒かったり雨だったり眠かったりするとやめる。

りい太

登下校では道端で毎日新たな発見をしているので、歩くのが遅い。

りい子

中学生になったので、少し登校時間が遅くなって余裕が出きた。



遅刻しかかるのは理由がある

娘はシャキシャキしていて、歩くのも素早い。

目的に向かって突き進むタイプです。

一方、息子はのんびりしていて、歩くのもゆっくり。

同時に家を出ても、

道端で歩いている虫に気を取られ、空に流れる雲の形に目を配り、どこかから香る花に心惹かれ…などしている内に、娘に置いていかれ、慌てて走って追いかけていました。

娘が中学生になりました。

それに伴って、息子は一人で小学校に登校するようになりました。

彼の歩みは相変わらずゆっくりです。

私には気づかない何かを日々発見しているのでしょう。

それはそれで素晴らしいことですが、早く学校へ行ってほしい


毎朝の「いってらっしゃい」に強くそう願いを込めて、送り出していました。


ある日の事。

珍しく娘が


「私もお見送りする」


と言って家から出てきました。

彼女は中学生になってから、息子より少し遅く家を出るようになりました。登校時間に余裕が出来たのです。

普段娘がお見送りに出てくることは滅多にありません。
その日は気まぐれに外に出てきたようです。

2人並んで見送ることにしました。


ところが、息子は何度も振り返っては手を振り、歩いては振り返りこっちを向いてまた手を振り、と言ったことを繰り返しました。

とても短い距離を、5回は振り返りました。


娘はちょっとイライラしながら、

なぜ何度もこっちを向くのか。

早く学校に行かないと遅刻するじゃないか。とブツブツ文句を言っていました。

見送りが嬉しいんじゃないかな。


そういうと、娘は納得した様子でした。


やがて、息子の姿が、道路の塀の向こうに消えました。


と思ったら、また戻って来て顔を出しました。


「こらー!早く行け―!」


大きな声で叫ぶ娘の顔は、心なしか嬉しそうでした。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました